[an error occurred while processing this directive]

DCC・DHCシリーズの特徴へ
マイコン制御ストリップカッターの特徴へ
ベルトカッター動画カタログ
ACE BELT CUTTER 4DNシリーズ
優れた送り精度と軽快な切断力を持った、
高速、高トルクのデジタル式自動切断機です。
NEWカバーで4DNに!!
PL法施行により安全カバーを装置しました。
新しく変わったという意味で、機種の後尾にNがついています。
カッター本体は鋳鉄製です。
モーター等の振動に共振することなく、安定した自動切断が行われます。
主要軸はすべて焼き入れ研磨仕上げです。
軽快な運転性と共に優れた耐久性を備えています。
本体とコントローラーの完全分離形。
従って保守点検が容易であり、部品の交換あるいは補修が手軽に行えます。またHNC(溶断機)の場合、ヒーターによる高熱からコントローラーを守ります。
数値設定はデジタルスイッチ方式です。
テンキー入力方式のような煩雑さはなく、どなたにも簡単に扱えます。

●切断長さ 1mm〜99999mm(1mm単位)
ロータリー式スイッチを採用しています。(+)あるいは(−)ボタンのプッシュ操作で簡単に設定できます。
●切断数 1カット〜9999カット
切断数が設定値に達するとカッターは自動停止します。切断数はLED表示されます。
●送 り ステッピングモーター駆動です。
加速〜低速〜減速動作し、高速でしかも高精度の送りを実現します。加速並びに減速時間は僅か0.2秒、定速時間は毎秒50cmです。
●送り精度 送り精度は設定長さの100分の5以下です。
この誤差は材料の質、形状。あるいは表面の状態によるものです。紙テープ切断の場合、その誤差はほとんど0です。繰返し誤差は100分の5以下です。
●始 動 切断動作が先行します。
セットした材料の先端を切り落としてから自動切断に入ります。この最初の切断はカウントされません。
材料の終端で自動停止
切断中、材料が終わりになるとストップ棒が作動しカッターは途中停止します。
再始動により切断が継続します。
コントローラーの操作ボタン
切断中、材料が終わりになるとストップ棒が作動しカッターは途中停止します。
再始動により切断が継続します。
@始動ボタン …… 押して話した瞬間に始動
A停止ボタン …… 途中停止用、運動刃が上死点に戻って停止
瞬間停止せず、進行中の定寸切断が終了し運動刃が上死点に戻って停止します。
始動ボタン、停止ボタンを続けて押すと1本切りとなります。
Bリセットボタン …… カウントアップ(切断完了)後の0復帰用、運転中は緊急停止用ボタンとなります。
C送りモーター励磁OFFボタン …… 送りモーター(ステッピングモータ)を励磁状態から開放して送りローラーの手回しを可能にします。
切断途中における材料の新規セッティングに有効となります。
送りローラー軸トルク
11kg/cm(およそ4kgの引張荷重に耐えます)


ベルトカッター一覧へ

Copyright (C) ACE Co.Ltd.